コンテントヘッダー

秋の夜長

こんにちは、獣医師の宮澤(京)です。

近頃は、めっきり暑さも和らいですっかり秋の陽気になりましたね。
これからの秋・冬の季節は、ペットの体温をじんわりと感じながら
ゆったりとした時間を過ごしていただけたらなあ、と思います。

日が落ちるのも少しずつ早くなり、ワンちゃんのお散歩もしやすい時期です。
そこで!大事な健康チェックポイントを一つお伝えします。

秋・冬は、夏に比べると少し暗い時間にお散歩に行くことになりがちですよね。
ワンちゃんは、視覚が落ちてくると、まず【夜盲(やもう)】といって
薄暗い環境で見えない症状が出てきます。

「あれ?暗いから怖いのかしら。歩きたがらないわ」
「抱っこすれば怖くないんだけど」

これは、もしかしたら視覚が失われてきている症状かもしれません。
普段からお散歩に行き慣れているわんちゃんは、
暗いからといって怖がることはありません。

黄昏時の、人影は認識できる暗さ。
これくらいの暗さでも、【夜盲】のワンちゃんは見えなくなります。

『暗いから怖がっている。』
これは本当は、【暗い環境で見えなくなっている】の間違いかもしれません。

もしおうちのペットがみえているかどうか、心配な場合は
ぜひ早めにご来院ください。
早期に診断がつけば、対処が可能な場合もあります。

とくにM.ダックスさん、M.シュナウザーさんには
視覚喪失する網膜の病気が多いとされていますので、
該当するワンちゃんは特に気を付けてあげてくださいね!

病院では、眼にライトを当てて眼の様子を観察したり、
迷路試験(障害物にあたらずに歩けるか)を行ったり、
眼底検査などを組み合わせて、眼の評価を行います。

細かな眼科検査は宮澤(京)が担当させていただきますので、
平日の午前中にお越しくださいね!

***10月の獣医師の休診のお知らせ***

10月5日(月・祝) 宮澤京不在
10月10日(土) 安達不在
10月11日(日) 院長不在
10月12日(月・祝) 宮澤京不在
10月14日(水) 院長・宮澤京不在


不在日が多くなり、ご迷惑をおかけいたします。

アイビーペットクリニック 宮澤京子



プロフィール

アイビースタッフ

Author:アイビースタッフ
当院のHPもぜひご覧下さいね!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
QRコード
QR
リンク
検索フォーム