コンテントヘッダー

『ネコさんのアルツハイマー』と『年末年始のお休み』

みなさん、こんにちは。
まず、アイビーの年末年始のお休みのご案内です。

20151226年末年始

12月29(火)~1月4日(月)休診となります。
気になることがあるかたは年内に解決しておきましょう!

また、1月11日(月・祝)は副院長が不在となります。
皮膚科・眼科で受診される方はご注意ください。



アイビーでは今年も『冬恒例の病気』の子が続いています。

冬は寒いために飲水量が減り、トイレも我慢しがちになるため、
泌尿器系のトラブルが起こりやすい時期です。

【尿道閉塞】
尿の通り道が詰まってしまってオシッコが出せなくなり、急激に腎臓が壊れてしまいます。

【腎不全】
腎機能が低下して尿毒素が体内にたまってしまい、尿毒症を起こし嘔吐・下痢・痙攣などを起こします。


また、年末年始はヒトの生活が不規則となり、いつもは片付けるものが片付いておらず、
ペットの『誤食』が起こりやすい時期でもあります。
ご注意くださいね!

【誤食】
本来の食品以外のものをペットが間違って飲み込んでしまう事故が多発します。
20151226クリップ誤食
この子は、クリップの部品を飲み込んでしまいました。
先端が尖っているため、内視鏡での摘出は危険と判断し、胃切開での摘出となりました。
ダブルクリップ_convert_20151226084626

なにかとバタバタしやすい年末年始ですが、思わぬトラブルのないように、
注意してみてあげてくださいね。


今回、東大を中心とするグループからネコちゃんのアルツハイマーについての報告がありました。
ネコさんのアルツハイマー

以前から、ワンちゃん・ネコちゃんの『認知障害(痴呆症)』は知られており、
ペットの高齢化とともにケアが必要なシニア世代が増えています。
初期から対応すれば、かなり改善がみられるので行動や性格に変化のみられるシニア世代の
ワンちゃん・ネコちゃんはご相談ください!

20151226脳のイラスト

その中で、ネコ科の動物では、ヒトでいうアルツハイマー型の病変があることが明らかになりました。
この研究が進むことで、激増しているヒトのアルツハイマーの研究が進むだけでなく、
ネコちゃんの認知障害の治療も飛躍的にし進歩する可能性があります。

先日は、『ペット用の人工血液』の研究が進んでいるという報告もありました。
研究職の医師・獣医師がいるおかげで、救われるヒトやペットが増えるのはとても嬉しいことです。
ペットに直接的に関われる我々のような臨床獣医師は、
進歩していく獣医療を積極的に取り入れて、より良い医療を地域に還元できるように頑張りたいと思います。

今後も学会やセミナーに参加するために不規則なお休みをいただくことがあります。
ご理解・ご協力いただけると幸いです。

今年もいろいろなワンちゃん・ネコちゃんに出会うことができました。
この地域の病気がなくすことを目標に来年も頑張っていきます。
みなさん、良いお年をお迎えください!

アイビーペットクリニック 獣医師・宮澤 裕
プロフィール

アイビースタッフ

Author:アイビースタッフ
当院のHPもぜひご覧下さいね!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
QRコード
QR
リンク
検索フォーム