FC2ブログ
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

がん学会に行ってきました!

みなさん、こんにちは。

7/6、7/7の2日間にわたり、日本獣医がん学会の年次大会に行ってきました。
今回のメインテーマは乳腺腫瘍でした。

新しい治療法が発見された!!
わけではないのですが、細かな情報の修正はたくさんありました。
『獣医療』の進歩は非常に速いのですが、特に『ガン』の世界は恐ろしく進歩が速いです。
ガンそのものの名前すら変わったりします。

特に日本は、諸外国に比べ乳腺腫瘍の発生が非常に多いという特徴があります。
逆に言うと、若齢期の避妊手術が徹底できていないということでもあります。
数ある腫瘍の中でもまれな『予防できるガン』です。
当院でも毎月多くの子が乳腺腫瘍の手術を受けています。
そのほとんどの子達は助かっていますが、手術のタイミングが遅く助けられない子もいます。

偶然ですが、がん学会のあった7/7は当院でパピークラスがありました。
参加された方達はご存知ですが、避妊手術と乳腺腫瘍の関係など、
若齢期に知っておくことで、生涯にわたって得をする情報はたくさんあります。
ガンだけでなく、予防できる病気にかからないように、
みなさんにどんどん情報提供ができるよう頑張ります。

今回のがん学会で身にしみて感じたのはやはり『早期発見・早期治療』の大切さです。
大学病院を受診するようなまれなケースもありますが、
初期治療で手を抜いたがために大変なことになるケースのほうが多いようです。

さて、新しい情報ではありませんが、乳腺腫瘍に関して、
ワンちゃん・ネコちゃんのご家族にお伝えしたい内容を箇条書きにしてみます。

・ワンちゃん・ネコちゃんともに、女の子は早期の避妊手術で乳腺腫瘍になりにくくできる
・インプラント(ホルモン製剤を皮膚の下に埋め込む)は老後に乳腺腫瘍などのリスクが高まる
・しこりが大きくなればなるほど長生きできる見込みが低くなる
 (つまり、小さいうちに対処すべき)
・悪性のものと、良性のものの比率が地域によって異なる可能性がある
・ネコちゃんは特に悪性腫瘍の割合が高い
 →避妊手術による予防と、早期治療の重要性が高い
・摘出後の病理検査の所見が非常に重要(取ったら終わりではない)
・手遅れのタイミングとなってしまっても、痛みを緩和することができる

他にもお伝えしたいことはたくさんあるのですが…
もう1つの大きなテーマだった『甲状腺腫瘍』については、また後日ご報告いたします。
検査なしで『様子をみて良いしこり』は存在しません。
ワンちゃん・ネコちゃんの代わりにご家族が気づいてあげてください。
気になることがあれば、どんなことでもご相談ください!

-------------------------------------------------------------------------
ご報告が長くなってしまいました…。
アイビーからのご案内は手短にします。

【ノミ・マダニ予防&スキンケアの2本立てセミナーのお知らせ】

動物薬メーカーさんをお招きして以下の2大テーマでお話いただきます。
いずれも今の時期に最適な内容です。
メーカーさんのプロから分かりやすいお話を聞ける機会はなかなかありません。
ぜひご参加ください!

********************************************************
セミナーの内容
 内容:『マダニ由来の感染症とその予防』
     『夏に向けたスキンケア』
 日時:7月21日(日) 14:00~15:00
 場所:当院の待合室
 費用:\1,000
 予約:事前にご予約をお願いいたします

********************************************************


当院のホームページでもノミ・マダニ予防や、SFTSについてご紹介しています。
ぜひご覧ください!

これらのセミナー情報や、休診のご案内などは
当院の『メール配信サービス』もご利用ください!


アイビーペットクリニック
 宮澤 裕
関連記事
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アイビースタッフ

Author:アイビースタッフ
当院のHPもぜひご覧下さいね!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
QRコード
QR
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。